ビジネス

「プロエンザ スクーラー」が新カジュアルラインを開始

 「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」が新ライン“ホワイト レーベル”を11月にスタートする。これまではメーンラインの一部であった、デニムやTシャツなどカジュアルでベーシックなアイテムを、“セカンド”ラインではなく、“シスター”ラインとして分け、手が届くラインとしてあらためてスポットライトを当てる。

 「プロエンザ スクーラー」は、今年に入って「デレク ラム 10クロスビー(DEREK LAM 10 CROSBY)」で5年間デザイン部門バイス・プレジデントを務めたエリザベス・ギアーディナ(Elizabeth Giardina)をデザインチームに迎え、ロン・フラッシュ(Ron Frasch)前最高経営責任者(CEO)の後任に、セルフリッジ(SELFRIDGES)のバイヤーだったジャッド・クレーン(Judd Crane)を指名した。また、2018年春夏コレクションの発表の場をニューヨークからパリに移して、7月のオートクチュール・コレクション期間中に披露。今回の決断は、デザインデュオのジャック・マッコロー(Jack McCollough)とラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)、ジャッドCEOよる新たな一手となる。

 同ブランドはさらにロレアル(L'OREAL)とのライセンス契約による初のフレグランスを18年初めに発売予定だ。

  

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら