ビジネス

「プロエンザ スクーラー」が新カジュアルラインを開始

 「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」が新ライン“ホワイト レーベル”を11月にスタートする。これまではメーンラインの一部であった、デニムやTシャツなどカジュアルでベーシックなアイテムを、“セカンド”ラインではなく、“シスター”ラインとして分け、手が届くラインとしてあらためてスポットライトを当てる。

 「プロエンザ スクーラー」は、今年に入って「デレク ラム 10クロスビー(DEREK LAM 10 CROSBY)」で5年間デザイン部門バイス・プレジデントを務めたエリザベス・ギアーディナ(Elizabeth Giardina)をデザインチームに迎え、ロン・フラッシュ(Ron Frasch)前最高経営責任者(CEO)の後任に、セルフリッジ(SELFRIDGES)のバイヤーだったジャッド・クレーン(Judd Crane)を指名した。また、2018年春夏コレクションの発表の場をニューヨークからパリに移して、7月のオートクチュール・コレクション期間中に披露。今回の決断は、デザインデュオのジャック・マッコロー(Jack McCollough)とラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)、ジャッドCEOよる新たな一手となる。

 同ブランドはさらにロレアル(L'OREAL)とのライセンス契約による初のフレグランスを18年初めに発売予定だ。

  

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら