ファッション

パリ・オートクチュールにプロエンザやロダルテらNYブランドが公式参加

 パリ・クチュール組合(Chambre Syndicale de la Couture Parisiennes)は、新たに「A.F. ヴァンデヴォースト(A.F. VANDEVORST)」「アザロ(AZZARO)」「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」「ロダルテ(RODARTE)」「ロナルド・ファン・デ・ケンプ(RONALD VAN DER KEMP)」の5ブランドを、7月2〜6日に行う2017-18年秋冬オートクチュール・コレクションのゲストメンバーに選出した。

 すでに「プロエンザ スクーラー」は期間中に、18年春夏のメーンとプレ・コレクションを一度に発表することを明らかにしている他、「ロダルテ」もNYからパリのオートクチュールに発表の場を移し、2018年春夏コレクションを披露する。「シャネル(CHANEL)」らサンディカの正式メンバーのブランドとともに、公式スケジュール内には複数のシーズンのコレクションが発表されることになる。オープニングなる7月2日午前10時のショーは「ロナルド・ファン・デ・ケンプ」が務める。日本からは3回目になる「ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)」も参加する。

 なお、2016-17年秋冬からゲストメンバーに加わり、毎回注目を集めていた「ヴェトモン(VETEMENTS)」は今回から参加せず、2018年春夏コレクションから、2018年春夏パリ・メンズ・コレクション期間中の6月26〜30日に、ショールームでバイヤーやプレスに披露する(予約制)。また、デムナ・ヴァザリア=ヘッドデザイナー自身がスタイリングし、撮影したイメージをメディアに発表する計画だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら