ビジネス

「アウラ」のコードナインが東京レストランHD傘下で新体制

 東京コレクションブランド「アウラ(AULA)」を手掛けるコードナイン(CODE.9)は、東京レストランホールディングス(石川成秀・社長 以下、東京レストランHD)をスポンサーに得て、4月から新体制をスタートさせている。東京レストランHDは「マンシーズ トウキョウ(MANCY’S TOKYO)」や創作和食ダイニングバー「ソウテン(SO-TEN)」などの外食事業やコンサルティング事業、ホテル&リゾート事業などを中心に手掛けており、アパレル事業への参入は初挑戦となる。コードナインの社長は石川社長が兼任。川島幸美・前社長はクリエイティブ・ディレクターに専念する。スタッフなども継続雇用するとともに、ECや生産管理など今後の成長に必要な部署や人材なども投入する。

 昨年6月に民事再生法の適用を申請し、再建に取り組んできたコードナインだが、新成長戦略の軸となるのがECの本格化と、休止していた「アウラアイラ(AULA AILA)」の復活だ。知名度の高さやファンからの要望に応えたもの。「アウラ」よりも若い世代をターゲットに、カジュアルで着回しの効くアイテム構成やマーケットを意識した価格戦略を組みながら、2018-19年秋冬シーズンから、ECを軸に、卸売りと併せて展開していく。ECは3月にサイトを全面リニューアルしている。

 コレクションブランドの「アウラ」については、しなやかさと凛とした強さを持ち合わせ、仕事や育児に生き生きと向き合う30~40代の女性に向けた打ち出しを強化。着る瞬間から感じる高揚感や、肌で感じる着心地などを大切にしながら個々の魅力を引き出す洋服を提案し続けていく。すでに2月下旬には、伊勢丹新宿本店に出店する「アウラ」の直営店の売り場面積を30%増床して存在感を発揮。国内外の卸売り事業も継続中。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら