フォーカス

19年春夏の注目は“くすみパステル”と“砂漠カラー” 淡いトーンで着こなし一新

 2019年春夏シーズンのウィメンズでは、色が主役になりそうな兆しが立ち上がりで見えています。ピンクやイエロー、グリーンなどのポジティブなきれい色が目を引き、春の訪れを待ち遠しく感じさせます。

 今回、注目したいのは、“くすみパステル”と“砂漠(サンド)カラー”。いずれも世界的なトレンドになっています。「ロンハーマン(RON HERMAN)」が打ち出したラベンダー系カラーは、スモーキーな色味に整えることによって、甘さを遠ざけ、大人女性もまといやすくなっています。

 砂漠をイメージさせるサンドカラーは、サファリ系ルックやリゾート風ドレスなどでおなじみ。「インターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)」はエレガントなシルエットで、たおやかに都会的な装いを提案。夏にかけては砂漠や中東・アフリカのイメージもあちこちのブランドから登場する見込みです。

 日本のファッションブランドやセレクトショップでも打ち出しが相次いでいる春の新色スタイリングを見ていきましょう。

“大人ピンク”はスポーツやワーク要素で甘さを抑えて

 スモーキーなトーンの“大人ピンク”は、どこか懐かしいノスタルジックさが魅力です。そこに現代的なスポーティやワークウエア、アウトドアなどのエッセンスを取り入れてテイストミックスするのが今のおしゃれ気分になじむアレンジです。

 「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」はピンクのスウェットシャツを、サマーセーターのようなリラックスした感覚で着こなすコーディネートを提案。レトロフェミニンな大人ピンクは、のどかなシルエットにもマッチ。サンドカラーのボトムスと合わせて、飾り立てない大人のこなれたスタイルに。

 オーバーサイズのストリート気分のスウェットパーカを、あえて意外性のあるくすんだピンクで染め上げたのは「アイレネ(IRENE)」です。ボトムスもパウダーピンクで合わせ、全身をワントーンでまとめています。スリットとフードが着姿をリズミカルに見せています。メタリックなシルバーショートブーツが装いのスパイスに。

 「グラフペーパー(GRAPHPAPER)」は、羽織り物とワイドパンツの両方にペールトーンを迎えました。羽織り物はストールのように巻いて、動きを出しています。ラベンダー系はトレンドカラーの有望株。白を“引き立て色”に使うと、コントラストが際立ちます。

 ミニマルなTシャツも、ピンクで染め上げれば、デニムルックもイメージが様変わり。「スタイリング/(STYLING/)」はほのかにフェミニンさを漂わせたピンクのTシャツに、クールなデニムを組み合わせました。定番の白Tシャツとは違った、大人かわいい雰囲気を醸し出す、グッドバランスの着映えに整えています。

“砂漠カラー”は透け素材とフェミニンディテールで都会的に

 “砂漠カラー”が盛り上がってきた背景のひとつに、中東やアフリカへの関心があるようです。顔や頭を隠すアラブ風のアクセサリー、ゆったりと体を包むカフタンなど、中東やアフリカのアイテムを都会的にアレンジした装いも提案されています。

 「エストネーション(ESTNATION)」はチュール系の薄手生地で仕立てたロマンティックなブラウスに、淡いサンドカラーを投入。帽子とパンツにも近い色を配して、テイストミックスを同系色でまとめ上げ、モダンな装いに仕上げました。

 リラックス感のあるスウェットトップスに、レースのスカートで合わせたのは「アウラ アイラ(AULA AILA)」。甘めに見えやすいレーススカートも、サンドカラーで彩れば、シックな着映えに。ミニバッグを斜め掛けして、視線を引き上げ、すっきり感を引き出しています。足元はつややかなPVC(ビニル)シューズで異素材ミックスに仕上げました。

 ワークウエアの人気はさらに盛り上がってきました。コラボシリーズの「コンバース トウキョウ × ミュベール(CONVERSE TOKYO x MUVEIL)」は、サンドカラーのオールインワンを披露。いわゆる「つなぎ」は武骨に映りやすいのですが、花モチーフをあしらってフェミニンに。強さとロマンティックが融け合った新鮮ムードです。

 きれい色とサンドカラーをミックスした色使いは、こなれた着こなしに導いてくれます。「アウラ(AULA)」はイエロー系ブラウスとリブニットパンツを引き合わせ、性別にとらわれない“ジェンダーフルイド”な装いに。さらに、巻きスカート風に布を重ねて、表情を深くしました。

 くすみパステルと砂漠カラーを操れば、レトロなムードや、非日常な気分を着こなしに取り入れることができます。やさしい色味だけに、好印象を与えてくれる点でも効果的です。新たな出会いが増える春に向けて、みなさんもぜひ取り入れてみてはいかが?

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。

あなたにオススメ