ニュース

「アウラ」手掛けるコードナインが民事再生法を申請、営業は継続

 東コレブランド「アウラ(AULA)」を手掛けるコードナイン(CODE.9)が6月5日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、即日保全命令を受けた。デザイナーでもある川島幸美・社長が2005年に設立。「アウラアイラ(AULA AILA)」を皮切りに、海外展示会を中心に展開してきたハイライン「アウラ」、ディフュージョンライン「ライザ(RYZA)」、セレクトショップ「ドラスティック(DRASTIC)」などを展開した。社長業とデザイナー業を兼務しており負荷が大きかったため、ラインを見直し、13年に「ライザ」を休止、16年春夏からは「アウラアイラ」を「アウラ」に統合するなど業容の見直しを行ってきた。ピーク時には7億5000万円(上下代込み)だった売上高は、17年2月期に3億6000万円(同)に半減。営業損益は3300万円の赤字となり、負債総額は2億3000万円に膨らんだ。従業員数は20人だった。

 ただし、阪急うめだ本店や伊勢丹新宿本店、海外ではパリの「レクレルール(L’ECLAIREUR)」やロサンゼルスの「エイチロレンツォ(H.LORENZO)」など優良な取引先を有しており、著名人の顧客も多く、タイをはじめとしたASEANやハワイなどから招待されファッションショーを行うなど、一定の評価や認知度を有している。すでに再建計画認可決定までのつなぎ融資も受けており、営業も継続している。川島は「経営とデザイン、モノ作りなどを一人で担うのは難しかった。時代に合わせた情報発信もできていなかったと反省している。今後はブランドやクリエイションに魅力を感じてくださるパートナーを得て、経営面などのサポートを受けながら、グローバル化を目指したり、ライフスタイル系などを含めてデザインワークに注力できれば」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら