ファッション

“バーキン”が過去最高額の4000万円超で落札

 5月31日、香港のオークションハウス、クリスティーズ(Christie's)で「エルメス(HERMES)」の“バーキン”が過去最高額で落札された。落札価格は37万9261ドル(約4200万円)で、落札予想額を大幅に上回った。

 今回落札されたのは、2014年モデルの“ヒマラヤ バーキン”。“ヒマラヤ”という名称は、生産地ではなく、両サイドのスモーキーグレーが中央にかけてパールホワイトにグラデーションする様子から付けられた。

 マット・ルービンガー(Matt Rubinger)=クリスティーズハンドバック・アクセサリー部門インターナショナル・ディレクターによれば、ダイヤモンドが施されたバッグは特に高価で、中でもコレクターに人気があるのは“ヒマラヤ”のシリーズだという。今回落札された“バーキン”は245個のダイヤモンドがホワイトゴールドの金具部分にちりばめられ、さらに“ヒマラヤ”だったのでこの価格がついた。また、“ヒマラヤ”の生産停止の噂もこの落札価格になった要因の一つのようだ。

 「エルメス」の“バーキン”は、すべて手作業で作られており、1個作るのに最短2日かかり、注文しても6年待ちの状態だ。特に“ヒマラヤ”は、ワニ革を染めるのに時間がかかるだけでなく、ヒマラヤ山脈をイメージしたグラデーションをつけるのは至難の業で、高度な職人技が必要とされる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら