ファッション

ジェーン・バーキンの娘、母と同様自然体のライフスタイルに迫る

 ルー・ドワイヨン(LOU DOILLON)が10月、エル カフェ青山(ELLE CAFÉ AOYAMA)のスペシャルライブのため来日した。彼女はジェーン・バーキン(JANE BIRKIN)の娘で、ミュージシャンや女優として活躍。食をはじめ、美と健康などライフスタイルについて聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):エル カフェ青山のコンセプトは「食から美しく」だが、あなた自身の食へのこだわりは?

ルー・ドワイヨン(以下、ルー):食は水や睡眠とともに重要よ。美しさは内側から。外見は本当に最後のステップだと思うわ。できるだけオーガニックなものを選ぶようにしているわ。自宅では、あまりお肉も食べないし、グルテンフリーよ。ただ、あまり極端にならないようにしているわ。旅も多いし、人と一緒に食事することも多いから、臨機応変に対応するようにしているわ。日本に来たら、しゃぶしゃぶを食べるのが楽しみよ。私はフランス人ということもあり、食は人生のアドベンチャーの一つと思っているわ。毎日3食食べるもの。シェフは世界中で最もセクシーな職業の一つね。

WWD:ビューティー面で気を付けていることは?

ルー:とにかく睡眠をとることと、水分補給ね。薬局で買える“アンブリオリス(EMBRYOLISSE)”のモイスチャークリームを愛用しているわ。フェイス全体や目の周りに使ったり、リップクリーム代わりにすることも。メイクに関しては、口紅を指で唇になじませたり、頬に使うこともあるわ。それだけで、健康的に見えるの。

WWD:健康面で行っていることは?

ルー:散歩するのが一番。体にも心にもいいと思うわ。パリや京都など古い町並みは美しいし、ニューヨークを歩くのも好き。フランスにいる時はヨガすることもあるわね。時間があるときは、たまに、ボクシングもするわ。