ファッション

「エルメス」とジェーン・バーキンが和解

 「エルメス(HERMES)」はワニ革バッグ"バーキン クロコ"について、同バッグの名前の由来にもなった女優のジェーン・バーキンから抗議を受けていたが、9月13日に和解したと発表した。バーキンは「エルメス」が"バーキン クロコ"の生産過程において残虐な方法を用いていたことを受け、バッグから"バーキン"の名前をとるよう要請していた。これは7月に非営利団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(通称PETA)」が、ブランドがワニ革を卸しているワニの養殖場のビデオを公開したことによる。

 「エルメス」は事態を受け、今回の発表では養殖場を調査し、今後違反行為をした場合、一切関係性を切ると断言した。また、アメリカにおける革のサプライヤーは全て厳しい基準をクリアしたもののみにすると加えた。

 エルメス・インターナショナルは「ジェーン・バーキンからの要請を受け、われわれは動物を倫理的扱うことを献身的に続けなければならないと考えさせられた。彼女は今回、われわれの対応に満足していると語ってくれた」とコメントした。一方イングリッド・ニューカークPETA創立者は「今月PETAの調査員を養殖場に派遣したが、『エルメス』の関係者や他の調査員はいなかった」と「エルメス」の発表に対する不信を述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら