ニュース

TOKYO BASEが「トランスコンチネンツ」とライセンス契約しカジュアルウエアを販売

 TOKYO BASE(トウキョウベース)は、フェローズと「トランスコンチネンツ(TRANS CONTINENTS)」ブランドのカジュアルウエア及び服飾雑貨におけるライセンス契約を締結した。4月中旬に締結し、6月からトウキョウベースの販路で販売する。なお、2014年からライセンス契約を結ぶはるやま商事は引き続き、ドレスカジュアルウエアを企画・製造していく。

 デザインコンセプトは、カジュアルでデイリー使いしやすいベーシックなアイテムを中心とし、デザイン、サイジング、ブランドロゴ使いなどで、よりトレンド感のあるテイストを取り入れたモノ作り。Tシャツ(4000円)や半袖シャツ(6000円)、パーカ(7000円)、コーチジャケット(1万円)などをそろえ、企画・生産はTOKYO BASEが手掛ける。

 販路はオンラインストアのトウキョウベースが展開する「トウキョウ デパートメント ストア(TOKYO DEPARTMENT STORE)」および、「ステュディオス セレクト ゾゾタウン(STUDIOUS SELECT ZOZOTOWN)」。「ステュディオス セレクト ゾゾタウン」では、5月初旬から先行受注を受け付けている。

 「トランスコンチネンツ」は1990年に、セレクトショップの先駆けとして、ヨウジヤマモト社と東急グループによりスタート。2014年にはるやま商事と再スタートした。現在はフェローズが日本とアジア主要国の商標権を所有する。フェローズはその他に米サンダルブランドの「テリック(TELIC)」、米バックパックブランド「ヤックパック(YAKPAK)」、ボクシングギアなどを扱う「エバーラスト(EVERLAST)」などのライセンスを所有している。