ファッション

TOKYO BASEが第3の柱となる新ブランドを発表、原価率50%で日系セレクト市場に殴り込み

 TOKYO BASEは、「ステュディオス(STUDIOUS)」「ユナイテッドトウキョウ(UNITED TOKYO)」に次ぐ第3の柱とするブランド「パブリックトウキョウ(PUBLIC TOKYO)」を始動する。今秋に、実店舗を新宿駅直通のファッションビルと名古屋栄付近のビル、大阪駅直結とトラフィックの多い場所に3店舗、ECは直営と「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の2店舗をオープンする。長期目標として売上高300億円を目指す。

 同ブランドは、オリジナル100%で構成するカジュアルブランド。“メード イン ジャパン”“ハイ バリュー”“テキスタイル”をコンセプトに掲げ、ターゲットを20~40代の質にこだわる男女に設定する。原価率50%の日本発オリジナルブランド「ユナイテッドトウキョウ」などと同じく高原価率50%を目指し商品を作る。客単価は春夏シーズンが1万8000円で秋冬シーズンが2万5000円と「ユナイテッドトウキョウ」と同程度を想定し、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」やビームス(BEAMS)などの日系セレクトショップがいる市場に参入する。商品はハイエンドデニムを定番に、ダウンなどを取りそろえる。

 谷正人・最高経営責任者(CEO)は「『パブリックトウキョウ』の始動は『ユナイテッドトウキョウ』が3年目を迎え売上高が41億円、売り上げ構成比32%を達成し、昨年出店した香港の店舗も好調だったため、今がタイミングだと思った。これまで我々はいわゆるモードを軸に成長してきた。社として初めてのカジュアルゾーンで、安さを追求するのではなくハイエンドな商品を提供する。モード軸の『ユナイテッドトウキョウ』の姉妹版と考え、『パブリックトウキョウ』はカジュアル軸に展開し、ゆくゆくは複合店の出店もありうる。出店はまずは日本に力を入れていき、もちろん海外も視野に入れる」とコメント。

 売上高1000億円以上を長期的目標とする同社は、第1の柱「ステュディオス」を300億円、第2の柱「ユナイテッドトウキョウ」を300億円、「パブリックトウキョウ」を300億円に、計画。その他「シティ(CITY)」を30億円、ブランド子会社や関連会社を200億円で達成する展望を持つ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。