ファッション

「バレンシアガ」の眼鏡ライセンスがケリング アイウエアへ

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、サングラスと眼鏡フレームの商品開発、製造、流通において、ケリング アイウエアとパートナーシップを締結した。ケリングは、傘下ブランドの眼鏡事業の一元化を目的として2014年にケリング アイウエアを設立。「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などのアイウエアの企画、生産を着々と移管しており、ライセンスビジネスを主力の売り上げとしている他の眼鏡メーカーの脅威となっている。現在、「バレンシアガ」のライセンスは、イタリアの大手眼鏡メーカー、マルコリンが保持している。提携後の初のコレクションは、19年1月に発売される。

 セドリック・シャルビ(Cedric Charbit)=バレンシアガ最高経営責任者(CEO)は、「アイウエアのカテゴリーにおいて、『バレンシアガ』のポテンシャルを余すところなく発揮して生かすべく、ケリング アイウエアが培ったノウハウに期待している」とコメント。ロベルト・ヴェドヴォット(Roberto Vedovotto)=ケリング アイウエアCEOは「『バレンシアガ』の比類ないクリエイティビティーは、ケリング アイウエアにおけるラグジュアリーブランドのポートフォリオに絶大な価値をもたらしてくれると確信している」と語った。日本でのディストリビューターは、ケリング アイウエア ジャパン。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。