ファッション

「バレンシアガ」の眼鏡ライセンスがケリング アイウエアへ

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、サングラスと眼鏡フレームの商品開発、製造、流通において、ケリング アイウエアとパートナーシップを締結した。ケリングは、傘下ブランドの眼鏡事業の一元化を目的として2014年にケリング アイウエアを設立。「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などのアイウエアの企画、生産を着々と移管しており、ライセンスビジネスを主力の売り上げとしている他の眼鏡メーカーの脅威となっている。現在、「バレンシアガ」のライセンスは、イタリアの大手眼鏡メーカー、マルコリンが保持している。提携後の初のコレクションは、19年1月に発売される。

 セドリック・シャルビ(Cedric Charbit)=バレンシアガ最高経営責任者(CEO)は、「アイウエアのカテゴリーにおいて、『バレンシアガ』のポテンシャルを余すところなく発揮して生かすべく、ケリング アイウエアが培ったノウハウに期待している」とコメント。ロベルト・ヴェドヴォット(Roberto Vedovotto)=ケリング アイウエアCEOは「『バレンシアガ』の比類ないクリエイティビティーは、ケリング アイウエアにおけるラグジュアリーブランドのポートフォリオに絶大な価値をもたらしてくれると確信している」と語った。日本でのディストリビューターは、ケリング アイウエア ジャパン。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら