ファッション

ケリングブランド専門のアイウエアショップが大阪にオープン アジア初

 セイコーホールディングスの事業会社クロノスは、ケリングアイウエア(KERING EYEWEAR)が手掛けるブランドだけを取り扱うアイウエアショップ「ヴェント(VENTO)心斎橋」を大阪・心斎橋にオープンした。販売するのは、「カルティエ(CARTIER)」「グッチ(GUCCI)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「モンブラン(MONTBLANC)」の6ブランドで、同業態のオープンはアジア初。

 「ヴェント」はイタリア語で“風”を意味し、「心斎橋から世界に向けてブランド発信を行いながら、 ラグジュアリーなアイウエアショップという新しい風を吹かせていく」という思いを込めた。

 クロノスはこれまで主に百貨店のテナントとして高級時計やアイウエアの販売事業を行っており、2019年3月期の売上高は190億円。今後、ヴェントの東京店オープンも検討する予定という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。