ファッション

眼鏡「ファクトリーキュウヒャク」が大阪・北堀江に直営店 “未来の眼鏡空間”

 福井県の眼鏡メーカー、青山眼鏡が手掛けるハウスブランド「ファクトリーキュウヒャク(FACTORY900)」が大阪・北堀江に直営店「ファクトリーキュウヒャク オオサカベース(FACTORY900 OSAKA BASE)」をオープンした。直営店は、東京・原宿の路面店に次ぐ2店舗目。

 ブランドコンセプト“ザ・フューチャーアイウエア(未来のアイウエアを目指す)”を表現した店舗空間で、約80モデル、400バリエーションに及ぶ「ファクトリーキュウヒャク」の全モデルのほか、廃盤モデルを含めたアーカイブ品も展示している。また、フレームに合わせた鼻盛りのカスタマイズや、眼鏡フレームの手磨きサービスなどアフターサービスも行っている。

 青山嘉道「ファクトリーキュウヒャク」デザイナーは、「約30平方メートルの小さな秘密基地をイメージした隠れ家的な異空間だ。東京店をオープンしたころから、次は西の拠点を持ちたいと思っていた。これを機に、関西でも知名度をさらに上げていきたい」と話した。

 「ファクトリーキュウヒャク」は、パリの「シルモ(SILMO)」やミラノの「ミド(MIDO)」など主要な国際眼鏡展に参加し、独特の3次元的造形の立体的デザインが海外でも人気を博している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら