ファッション

パリのアイウエア国際展シルモ開催 世界39カ国から966社が出展

 アイウエアの国際展シルモ(SILMO)が9月28日から4日間、パリのノール見本市会場で行われ、51回目の今回は39カ国から966社が出展、3万人以上が来場した。

 トレンドは、引き続き、ボストンやラウンド型のシェイプ、細くて軽いメタル素材が目立ったが、色使いにポイントがあるアセテートとのテクニカルな異素材ミックスで新味を出した。総じて大きな変化は見られなかったものの、フランスのブランド「ラフォン(LA FONT)」など有力ブランドの関係者は「クラシックの流れは依然残っているが、モダンな要素が増している。来年のミド(MIDO/ミラノの国際眼鏡展)開催時は、シャープなスクエア型が少しづつ増えてくるだろう」と口をそろえた。

 日本からは福井県の大手企業シャルマンをはじめ、オプテックジャパン、増永眼鏡、サンリーブ、金子眼鏡、オーマイグラスの他、「イエローズプラス(YELLOWS PLUS)」「ユウイチトヤマ.(YUICHI TOYAMA.)」「ファクトリーキュウヒャク(FACTORY 900)」「マサヒロマルヤマ(MASAHIRO MARUYAMA)」など独立系アイウエアブランドなど20社以上が参加した。今回が12回目の出展で、優れた商品に贈られるアワード“シルモドール(SILMO D’OR)”にノミネートされた「ファクトリーキュウヒャク」の青山嘉道デザイナーは「昨年のシルモと比べてビジネスは好調だった。独特のデザイン性はもちろん、海外では“日本製”が持つ信頼感、安心感が大きい」と感想を述べた。

 アメリー・モレル(Amelie Morel)=シルモ会長は「“シルモは見本市を超えて新次元へ”をスローガンとして、シンポジウムなどさまざまなプログラムを充実させたことが好結果につながった。新規出展が240社に上ったことも、シルモの情報発信力の強さ、高い信頼感を物語っている」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。