ファッション

「アイヴァン」が吉岡徳仁とのコラボ・アイウエア発表

 “着る眼鏡”をコンセプトとしたオプテックジャパンのハウスブランド「アイヴァン(EYEVAN)」は、吉岡徳仁とのコラボレーション・モデルを8月に発売する。チタンとアセテートのフレームは眼鏡産地、福井県の職人の手仕事により作られた彫刻的なデザインが特徴で、構想から完成までに約5年を要した。

 吉岡は、「自分がかけたいと思う眼鏡をデザインした。顔の形と調和した造形的バランスにこだわった。完成度は高い」と話した。価格はチタン製が5万2000円、アセテート製が4万8000円。

 このプロジェクトは、オプテックジャパンが手掛けるアメリカの「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」を吉岡が愛用していたことがきっかけで実現した。吉岡はデザイン、建築、現代美術など幅広い領域で活動し、作品はニューヨーク近代美術館、ポンピドゥー・センター(パリ)など世界の主要美術館に永久保存されている。また「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の眼鏡をデザインしたこともある他、オプテックジャパンの京都の直営店アイヴァン キョウトの内装も手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら