ファッション

パリのアイウエア国際展シルモがタイに進出

 パリで開催されているアイウエアの国際展「シルモ(SILMO)」がタイに進出し、来年6月20~22日にバンコクのインパクト見本市会場で開催する。同展は、タイの大手イベント主催会社のインパクト社が運営する。「シルモ」は、「ダイナミックに成長を続ける東南アジアの眼鏡市場を開拓していく」とコメントしている。パリ以外での開催は、トルコ・イスタンブール、オーストラリア・シドニーに次ぐもの。パリ展を起点とするアイウエアビジネスのグローバル化を進めている。

 パリの「シルモ」は、イタリア・ミラノの「ミド(MIDO)」に次ぐ開催規模で、昨年は923社が出展し、3万3771人が来場。日本からの出展社も多い。今年は10月6~9日、パリ・ノール見本市会場で開催予定で、50周年の記念展となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら