ファッション

金子眼鏡の第3の工場が福井県に完成 眼鏡のSPA体制を拡大

 金子眼鏡店などを運営する福井県の眼鏡企業、金子眼鏡が福井県鯖江市上河端町に建設していた自社ファクトリー「ベースメント(BASEMENT」を3月23日に竣工する。2009年7月に竣工した自社一貫生産体制のプラスチックフレーム工場「バックステージ(BACKSTAGE)」、16年8月に子会社化した栄光眼鏡のメタルフレーム工場の栄光眼鏡「グラスワークス(GLASSWORKS)」に次ぐ第3の工場で、敷地面積は3500平方メートル。同社は「眼鏡職人の後継者不足などで技術の継承が困難になると予想される研磨や切削などについて、AIやロボットで克服することができないか各工程を一から見直し、デジタル技術で何ができるのかを探りたい。鯖江のDNAを残しながら、ハイテクとローテクを高次で融合した匠のイノベーションが目的」としている。

 同社が手掛ける「金子眼鏡」の他、「泰八郎謹製」をはじめとする眼鏡職人シリーズなどのハウスブランドは日本製であることが強み。仏パリの「シルモ(SILMO)」など国際眼鏡展にも出展し、パリに直営店を構えるなど海外でも人気がある。昨年12月に銀座に路面店をオープンした金子眼鏡店のほか、カネコオプチカル、フェイシャル インデックス、ザ・ステージなど50以上の直営店を手掛けており、SPA体制を拡大している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。