ファッション

福井県の金子眼鏡が銀座に路面店 インバウンド客狙う

 福井県の眼鏡企業、金子眼鏡は銀座6丁目のドーバー ストリート マーケット ギンザ近くに旗艦店「金子眼鏡店 銀座店」を12月13日にオープンする。新築の4階建てで、1階と2階の約83平方メートルを店舗、4階を事務所とし、同社が自社工場“バックステージ”で生産しているハウスブランド「金子眼鏡」の他、「泰八郎謹製」「恒眸作(こうぼうさく)」など眼鏡職人シリーズ、イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)との協業である「イッセイ ミヤケ アイズ」などを販売する。

 金子眼鏡店は近隣の東急プラザ銀座にもあって差別化が課題だが、同社は「違う客層にご来店いただけると思う。インバウンド客に期待している。アイウエアブランドとして確固たる地位の確立を目指す」としている。

 同社は、金子眼鏡店、カネコオプチカル、フェイシャル インデックス、ザ・ステージの4業態で56店舗を手掛けており、金子眼鏡店は32店舗目となる。仏パリで行われる国際眼鏡展「シルモ(SILMO)」に参加しており、パリにも店舗を構えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。