ファッション

東レ インターナショナルが眼鏡小売り事業を拡大 サングラスショップを関東初出店

 東レグループで商事事業を手掛ける東レ インターナショナルは、11月1日に開業する複合施設「渋谷スクランブルスクエア」5階にサングラスショップ「イズマイ(ISMY)」をオープンする。同社は百貨店におけるサングラス販売を40年以上手掛け、販売先は80カ所以上に上るが、直営店を構えるのは初めて。9月20日にグランドオープンした大丸心斎橋店本館地下1階の1号店に次いで、関東初出店となる。

 「シャネル(CHANEL)」「グッチ(GUCCI)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」などラグジュアリーブランドのサングラスを販売しており、「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は店舗限定モデルがある。

 同社担当者は「サングラスで自分のスタイルが見つけられる店舗を目指し、ショップ名に託している。ゆとりと温かみを感じるリゾート地のような内装にした」と話した。初年度売り上げ目標は1億円。3店舗目の出店は決まっていない。

 なお、渋谷スクランブルスクエアに出店するアイウエアショップは、アイヴァンの「シープ アイヴァン(SEEP EYEVAN)」(2階)と「フォーナインズ(999.9)」(7階)がある。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら