ニュース

ベイクルーズ売上高3000億円への布石 初のアイウエアショップは選書、音響、ユニホームにもこだわり

 ベイクルーズのグループ会社アクメ(ACME)は先ごろ、眼鏡のセレクトショップ「アイシンク ヒロブ(EYETHINK HIROB)」を新宿の商業施設フラッグス(FLAGS)2Fにオープンし、眼鏡事業に進出した。アクメにとって時計、家具に次ぐ新プロジェクトだ。

 辻雅彦アクメ執行役員COOは狙いについて、「ベイクルーズグループが運営するイエナ(IENA)やスピック&スパン(SPICK&SPAN)などに来店する女性客に愛用いただけるファッション小物の一つとしてアイウエアを提案した。先行スタートしたeコマースは予想以上の反響だ。ベイクルーズが培ったファッションカンパニーとしての知見やコーディネート力を生かし、女性ファンに向けた新しい価値創造に向けたチャレンジと言える」と話した。

 約60平方メートルの店内には国内外からセレクトされた50ブランド以上が並ぶがブランド名の表示はなく、商品は平台にデザインやスタイル別にディスプレーされている。同店のキーカラーであるベージュにちなんで、「マイキータ(MYKITA)」「ユウイチトヤマ(YUICHI TOYAMA)」など国内外の7ブランドとコラボレートしたベージュ色の特別モデルもある。30代の女性をターゲットとしているが、男性客の多さも特徴だ。またインテリアとして棚に並ぶ書籍はコンテンポラリーアートフォトブックのディストリビューターであるポスト(POST)が、ショップの音響は東京・中目黒のカセット&レコードショップのワルツ(WALTZ)が、またスタッフのユニホームは「ディガウェル(DIGAWEL)」が手掛けるなど店舗演出にもこだわった。

 「商品や店舗空間のファッション性の高さだけでなく、視力矯正器具として重要な検眼技術や安心・安全なアイケアサービスも心掛けている。今後、オリジナルブランドも手掛けたい」という力の入れようだ。

 そしてその先にあるのは、ベイクルーズが創業50周年を迎える2027年に設定した売上高3000億円という目標達成だ。「グループ全体のシナジーで目指す大きな数値目標に向かって、アクメも役割を果たしたい。アイウエア事業はその一翼を担う重要な新事業だ」と意欲を見せる。今後3年で5店舗の出店が目標だ。