ファッション

ケリング アイウエアによる新生「カルティエ」はどう変わる?

 ケリンググループのケリング アイウエアは、3月に発表したコンパニー フィナンシエール リシュモン(以下、リシュモン)との「カルティエ(CARTIER)」のアイウエアの企画、製造、販売に関するパートナーシップ契約に基づき、2018年春に発売する新商品を披露した。9月にミラノの新社屋にプレスを招いてプレゼンテーションを開いた後、10月、パリで世界の主要な取引先眼鏡専門店を招いて、プティパレを会場にディナーパーティーを催した。日本の眼鏡専門店は三城など7社が出席した。商品は以前よりバリエーションが広がり、ミレニアルズ世代を意識したデザインもある。また、一部日本製もある。

 ロベルト・ヴェドヴォッド(Roberto Vedovotto)=ケリング アイウエア最高経営責任者(CEO)は、「リシュモンとの協業に感激している。『カルティエ』が持つ高いプレステージ性をアイウエア業界にも確立したい」とコメントした。リシュモンはケリング アイウエアの株式の一部を取得し、ケリング アイウエアはフランスのシュシー・アン・ブリにある「カルティエ」のアイウエアを手掛けていたマニュファクチャー カルティエ リュネットを統合している。ケリング アイウエアはその他に、ケリング傘下の「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」など15ブランドのアイウエアを手掛けている。

 なお、日本では12月、プレスに向けて発表され、発売は来年1月の予定だ。商品価格はフレーム4万5000~20万円、サングラス4万5000~10万円で、取扱店舗数はほぼ現状通りの80~90。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら