ビジネス

「メルカリ」にブランドが出店、プロパー商品をライブ配信・販売できる機能開始

 メルカリ(MERCARI)が12月1日、フリマアプリ「メルカリ」内のライブ配信機能“メルカリチャンネル”を企業に向けて開放する。まずは、伊藤久右衛門やネスレ、ポケットマルシェなど11社と組み、「メルカリ」内でのライブ配信・商品販売を開始する。アパレル企業からは夢展望やメンズアパレルのインプローブス、子ども服のコージィコーポレーションなど7社が出店する。

 ブランドに初期費用・月額料金などは必要なく、審査を通過すれば、出店が可能。“メルカリチャンネル”を通じて、「メルカリ」ユーザーに対して商品の訴求・販売ができるようになる。配送作業などはブランド側の負担で、販売手数料として10%をメルカリに支払う仕組み。今後、順次参加ランドを拡大する計画だ。

 “メルカリチャンネル”は7月にスタート。ユーザー同士が動画を通じてコミュニケーションをとりながら売買できる機能として、ハンドメード作家や隙間時間を利用する主婦層などを中心に、利用者を伸ばしてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら