ニュース

「シックスパッド」が初のジム開設 短時間で全身に効果的なトレーニング

 MTGは6月1日、トレーニング・ギアを扱うブランド「シックスパッド(SIXPAD)」の新業態となるトレーニング・ジム「シックスパッド ステーション(SIXPAD STATION)」を東京・代官山にプレオープンした。EMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)を使用したトレーニング・ジムはブランド初の会員制サービス。IoTを活用し、わずか15分間で効果を出すトレーニングシステムを導入。“近未来型”のトレーニング・ジムとして話題を呼びそうだ。

 トレーニングに効率的な周波数20Hzを見出した森谷敏夫・京都大学名誉教授のEMS理論とMTGが開発した独自波形、そしてクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)選手のトレーニングメソッドを掛け合わせて2015年に誕生した「シックスパッド」は現在、日本やイギリスなど7カ国を中心にグローバル展開し、シリーズ累計販売台数は100万台を突破している(17年7月時点)。新たに展開するトレーニング・ジムではIoTによる情報管理のもと、EMSが全身に通電するEMSフルボディースーツと、そのEMSを制御するコントロールタワー、動作の認識や姿勢チェックなどを行うデジタルトレーニングミラーの3つのデバイスが連動し合い、一人一人に最適なトレーニングに導くというもの。デジタルトレーニングミラーを通してトレーニングフォームや鍛えたい筋肉を確認し、効率的に負荷をかけて全身の筋肉を同時に鍛えられるため、15分間という短時間ながら全身に効果的なトレーニングが可能になる。

 短時間で効果的なトレーニングができるため、忙しくて普段はジムに時間をかけられない人をターゲットに設定している。また、結果のフィードバックや筋肉の可視化など、トレーニングを楽しく続けられる内容が盛り込まれているのも特徴で、オプションメニューとして心身をリセットする「ZENROOM」も設けている。同ルームでは、プロジェクションマッピングの映像が流れる空間で、姿勢や呼吸の深さ、心の落ち着きを確かめて心身を見つめなおすことができる。「シックスパッド ステーション」のトライアル(初回体験)は3000円、ドロップイン(1回利用)は8000円。週2回、月8回の利用を推奨しており、週2回以上の利用については追って発表する予定。今後は国内で500店舗、世界で5000店舗の展開を目指していく。

■SIXPAD STATION
時間:10:00~20:00 ※プレオープン期間のみ
定休日:水曜日
住所:東京都目黒区青葉台1-4-10 代官山LOGビル 1〜2階