ニュース

MTGと富士フイルムがタッグを組んだコラーゲンドリンク発売

 MTGは8月23日、富士フイルムと共同開発したコラーゲンドリンク「リファコラーゲンエンリッチ」を発売した。高純度・低分子なコラーゲンを高濃度に配合した、全身美容をかなえるインナービューティドリンクとなっている。価格は8800円。

 同社は、シリーズ累計700万本を出荷する美容ローラー「リファカラット」の自社研究の中で、“つまみ流す”動きがコラーゲンの産生に寄与することを発見したことから、人間の体に欠かせないコラーゲンに着目。体の外側からのアプローチに加え、内側からも確実に取り入れる多角的なコラーゲン美容を実現するため、写真用フィルム技術による長年のコラーゲン開発技術を持つ、業界大手の富士フイルムとの初のタッグに至った。

 ボトルには、シャンパンを思わせるスタイリッシュなデザインを採用。一般的なコラーゲンドリンクに対して、独自の製法により、1本(480mL)あたり約10倍の16万mgのコラーゲンを濃縮したことで、1日に肌が必要とする5000mgをたった15mLで摂取することが可能となっている。販路は、全国の「リファ(REFA)」取り扱い店、オンラインショップ、免税店となる。

 また、発売を記念し、22日にはザ・リッツカールトン東京で発売イベントを開催。ブランドアンバサダー9年目を迎える女優の賀来千香子が登壇し、「ひとくち飲んだら病みつきになる。ボトルデザインも本当に美しく、ゴージャスで優雅な気分になれる。『リファコラーゲン エンリッチ』で、新たな美容習慣をみなさんと一緒に楽しみたい」とコメントした。松下剛MTG社長は、「コラーゲンは美容にも健康にもなくてはならないもの。その産生量を増加させる、これまでにない高品質なコラーゲンドリンクの開発に成功した。まずは、初年度100万本の販売を目指す。また、メ-ド・イン・ジャパンにこだわり、今後このタッグで新たな展開もしていきたい」と意気込んだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら