ファッション

マイケル・コースが富士フイルムとコラボ インスタント・フィルム・カメラを発売

 マイケル・コースと富士フイルムは、ファッションブランドとして初のコラボレーションとなる“MICHAL KORS×FUJIFILM INSTAX Mini 70”インスタント・フィルム・カメラを発売する。同製品は9月21日にドイツのケルンで開催されたフォトキナ2016で披露された。世界で10月20日に同時発売で、価格は1万8000円(予定価格)。

 同製品は、ゴールドメタリックのケースボディーに表面にはブランドロゴが刻まれ、裏面にはマイケル・コースのサインがスタンプされている特別仕様だ。

 このカメラはスペシャル・セルフィー・モードやハイパフォーマンスのフラッシュ機能にフォーカスしており、さらには完璧なセルフィーが撮影できるようにスマート・セルフィー・モードや、被写体のフレーミングを確認するためのフロント・ミラーが付けられている。

 このコラボレーションは、ビンテージバッのカメラ・バッグを模してデザインされた「マイケル マイケル・コース」のハンドバッグ“スカウト(SCOUT)”バッグの誕生にインスピレーションを得ている。“スカウト”カメラ・バッグの価格は6万3000円、スタッズが施された替えストラップは2万8000円。

 マイケル・コースは「インスタグラムが主流になり、昨今ではフィルムへの回帰も起こっている。インスタント・カメラは私のクリエイティブ・プロセスにも必要不可欠。準備段階でルックのスナップを撮ったり、ショーの舞台裏をおさめたり。このINSTAX mini をランウエイからオフィス、そして毎日の生活で使っている」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら