ファッション

“食”がテーマの「無印良品」世界最大店舗が大阪にオープン

 良品計画が2010年にオープンした「無印良品イオンモール堺北花田」(大阪府堺市北区東浅香山町4-1-12 イオンモール堺北花田 1F)を移転増床し、3月20日にリニューアルオープンする。17年春に始まったイオンモール堺北花田の大規模リニューアルの一環で、17年7月に閉店した堺北花田阪急に代わる注目店舗だ。新店舗は初となる“食”をテーマにした館で、大型専門売場や飲食業態の「Cafe & Meal MUJI」、フードコートなどを導入した4300平方メートルの世界最大店舗となる。“食”は17年7月にリニューアルオープンした「無印良品」有楽町店での生鮮食品販売スタート以来同社が取り組むテーマでもある。

 大型専門売り場では野菜や精肉、鮮魚の他、グローサリーや焼きたてパンを販売する。対面販売型カウンターを設置して食の専門販売員・フードコンシェルジュも常駐する。加えて、フードコートには48席を設け、手作りの惣菜やヨーグルト、ミックスジュース、ベビーカステラといった軽食を提供する。

 また、生活用品を多く扱ってきた同社らしく、“MUJI SUPPORT”という専用カウンターを設置。部屋作りの相談や部屋の片付け相談、オーダー家具の相談などを受け付け、「くらしの相談」が集まるプラットフォームを目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら