ファッション

「無印良品」が初の青果売り場

 良品計画は、旗艦店の「無印良品」有楽町店を7月28日に増床オープンし、初の青果売り場や「無印良品の小屋」の実物モデルを置く。売り場面積は増床前に比べて約5%増の3334平方メートルになる。

 青果売り場では、化学合成農薬や化学肥料を使わない、あるいは農薬を減らして栽培したものを生産者から直接仕入れる。形やサイズにこだわらず、規格外でも素材本来の味がする野菜をそろえ、生産者の思いや調理法を書いたPOPを添える。千葉県館山市の朝採れとうもろこし、同香取市の生で種まで食べられるピーマン、同匝瑳市の絶妙な味わいのトマトなどを販売する予定。あわせて野菜に合う調味料、野菜のお菓子もそろえる。

 「無印良品の小屋」は実物モデルを設置し、同店のインテリアアドバイザーが小屋に対する問い合わせに応える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。