ビジネス

「無印良品」がコンビニ受け取りサービスを開始

 良品計画が9月6日、「無印良品」の公式ECサイトで購入した商品のコンビニエンスストア受け取りサービスを開始した。提携するのはファミリーマートやサークルK、サンクス、デイリーヤマザキ、スリーエフなど全国2万5000以上の店舗。

 3辺合計100cm以内の箱に入る小物商品が対象で、ネットで購入後に受け取り場所として最寄りのコンビニエンスストアを選んで、商品を受け取ることができる。送料は自宅配送と同様700円で、5000円以上は無料。配送時間も自宅配送と変わらない。

 同社はオムニチャネルでの利便性向上のために8月にECサイトを大幅リニューアルしたばかり。現在もネット商品の店頭在庫閲覧機能や店頭受け取りといったサービスを提供しており、さらなるオムニチャネル推進を狙うものとみられる。EC商品の自宅以外での受け取りサービスは今年特に増えており、「ユニクロ(UNIQLO)」も提携先を大幅拡大した他、6月には「ナイキ(NIKE)」もサービスを開始した。スタートトゥデイが運営する「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」でもヤマト運輸が提携する宅配便ロッカー「プドーステーション」を活用したロッカー受け取りを始めたばかり。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら