ファッション

ファッション領域に進出中のアマゾン PB「パリ サンデー」を休止か

 アマゾン(AMAZON)は数シーズン前に立ち上げたばかりのプライム会員限定のプライベートレーベル「パリ サンデー(PARIS SUNDAY)」を休止するようだ。9月6日現在ではまだ販売を継続しており、40~50ドル(約4300~5400円)が主要アイテムの価格帯だ。

 アマゾンのスポークスウーマンは「ウワサや推測にコメントすることはできないが、わが社は常に消費者の声に耳を傾けており、その声を商品づくりに反映するように努めている」と話した。

 同社はファッションに力を入れ、消費者の動向を探りつつ必要とあらば戦略を変える。生放送のオンラインショッピングライブ番組「スタイル コード ライブ(Style Code Live)」は1年で打ち切りとなったのもこの方針に基づくものだと推察できる。

 ブランド名「パリ サンデー」は2月に商標登録されているため、異なる形で再度登場する可能性もある。アマゾンは複数のファッション系のプライベートレーベルを展開しており、ファッション業界ではアマゾンの業界進出を警戒する動きもあったが、同社は依然としてマーケットの動向を調査中のようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら