ビジネス

米アマゾンプライムデー、アパレル売り上げ3倍

 米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com、以下アマゾン)が30時間限定の大セール、アマゾンプライムデー(Amazon Primeday)を、7月10日21時から12日3時まで開催している。アマゾンは同社のプライベートブランドを含む、“プライム限定”のアパレル商品を40〜50%オフで放出した。

 アマゾンの出店社にソフトウエアとマーケティングサービスを提供するヴァイラル ローンチ(VIRAL LAUNCH)が11日午後に発表した中間報告によれば、アマゾンプライムデーのアパレル、ジュエリー、シューズのカテゴリーの売り上げは、通常日よりも180%増だったという。また、ビューティやヘルスケアのカテゴリーは164%増で、全カテゴリでは269%増だった。

  また、ワン・クリック・リテール(ONE CLICK RETAIL)の調査によれば、2016年の米アマゾンのアパレルの売り上げは、米アパレル市場全体の売り上げ2000億ドル(約22兆円)に対し、34億ドル(約3876億円)だった。また、米アパレル市場全体の売り上げが前年比3%増なのに対し、米アマゾンのアパレルの売り上げは25%増で推移している。アマゾンがアパレルにとって重要なECプラットフォームになっているのは間違いない。

 プライムデーセールはアマゾンの20周年を記念して始まったが、利益が出ているかは不明だ。「多くの小売りのプロモーション同様、利益が出るかどうかは問題ではない。売上高が伸び、マーケットシェアが獲得でき、プライム会員が増えて、利用率が高まることこそが大事なのだと思う」とムーディーズ・インベスターズ・サービス(MOODY’S INVESTORS SERVICE)のアナリスト、チャーリー・オシュア(Charlie O’Shea)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。