ビジネス

米アマゾンが商品配達箱で遊べるARアプリ プライムデーに合わせて

 米アマゾン(AMAZON)が年に1回プライム会員に向けて開催する大セール、アマゾンプライムデーに合わせてAR(拡張現実)技術を活用したアプリをリリースした。同アプリを使って商品配達の箱に記載されたQRコードを読み取ると、デザインが画面に立体的に表示される仕組みになっている。また多くの人がこのAR体験を味わえるよう、オンライン版もある。

 立ち上げではハロウィンにちなんでカボチャをテーマにしたデザインを作成した。箱に記載されているカボチャに顔を描き加えてからQRコードを読み取ると、そのカボチャが立体的にスマートフォンにあらわれ、デザインをカスタマイズしたり、セルフィーに組み合わせてアニメーション化することができる。ほかにも、商品配達の箱そのものが自動車に変わったり、2019年で最も人気を集めたコーギー犬のデザインも登場する予定だ。

 20年のアマゾンプライムデーは新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けて例年の7月開催ではなく、10月13〜14日に設定された。延期されたことでクリスマスにより近い日程での開催となり、実店舗での販売とは対照的にオンライン支出が増加していることからも大幅な売り上げ増が予想されている。またこれまで多くのホリデー商戦はハロウィンの後に始まっていたが、今回の動きは小売業界でもかなり早い時期での開始となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら