ファッション

世界最大のアイウエア国際展ミドが2021年6月開催に再々延期 新型コロナ収束見通せず

 イタリア・ミラノで毎年開催されている世界最大級のアイウエア国際展「ミド(MIDO)」が、次回の開催を2021年6月5~7日の3日間に変更すると発表した。

 「ミド」は新型コロナウイルス感染拡大の影響から今年2月の開催直前に7月5~7日へ日程変更し、さらにこれを中止して2021年2月6~8日に実施すると発表していた。

 ジョヴァンニ・ヴィタローニ(Giovanni Vitaloni)「ミド」会長は声明で、「出展社と来場者の半分以上が160カ国以上から集まることを考えると、来年6月開催は適切な判断だ。各国間の安全な往来が可能となり、穏やかな季節の中で多くのみなさんと『ミド』50回目の開催を祝うことを願っている」と話した。

 「ミド」は、シャルマン、増永眼鏡、アイヴァンなどの日本企業が毎年出展している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら