ファッション

フィレンツェのピッティは9月に延期、ミラノの眼鏡展ミドは来年実施 新型コロナの影響広がる

 イタリア・フィレンツェで開かれるピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMAGINE UOMO)は、6月16~19日に開催予定だった2021年春夏のイベントを9月2~4日に延期すると発表した。子ども服のビンボ、素材のフィラーティなども軒並み9月以降に延期する。主催するピッティ・イマージネのクラウディオ・マレンツィ(Claudio Marenzi)=プレジデントは、「関係各所と議論を重ねて達した結論は、ピッティを含む主要イベントこそが、ファッション業界にとっての再始動の“のろし”であるべき、ということ。今後数カ月は、ファッション・システムという巨大な機械の再起動に向け、努力を重ねるつもりだ。無論、会場のレイアウトなどは、公衆衛生を徹底したものになるだろう」と話す。

 また、従来の2月開催を7月5~7日に延期するとしていたイタリア・ミラノのアイウエア国際展「ミド(MIDO)」はこれを中止し、次回を2021年2月6~8日に実施すると発表した。例年の2月下旬より3週間ほど早い日程だ。ジョヴァンニ・ヴィタローニ(Giovanni Vitaloni)「ミド」会長は声明で、「感染が世界に広がっている中で、出展社や来場者ら、全ての関係者の安全や健康を考慮した。50回目の記念となる次回の『ミド』は世界のアイウエア産業に新たな希望をもたらすと確信している」と述べた。なお「ミド」は、出展社とバイヤーをつなぐBtoBのデジタルプラットフォーム“MIDO4U”をサイト上に開設した。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。