ファッション

ビームスがカルチャー創出プラットフォーム「ビー アット トーキョー」を公開 企業やクリエイターらとの協業の場

 ビームス(BEAMS)が、東京からカルチャーを生み出すユーザー参加型プラットフォーム「ビー アット トーキョー(BE.AT TOKYO)」の公式ウエブサイトを10月12日に公開した。

 ”カルチャー アパートメント(Cultural Apartment)”をテーマに、オンラインとオフラインでのカルチャーの創出を目指す。ビームスが中心となり企業やクリエイターと協業。2021年初旬から本格的にスタートし、東京の新たなカルチャーの発掘や、プラットフォームから生まれたコラボレーションに関する情報などを発信していくという。

 12日に東京・渋谷のスーパードミューンからオープニングイベントをライブストリーミングで開催。STUTSや、んoon、VIDEOTAPEMUSIC、YPY+関口大和らが出演した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら