ファッション

今年の渋谷ハロウィンはバーチャルで開催 きゃりーぱみゅぱみゅやBiSHも登場

 10月末の恒例行事として、日本でもすっかり定着したハロウィン。特に、渋谷は仮装してハロウィンを楽しむ人たちのメッカとして、毎年非常に多くの人を集めている。ただし、コロナ禍の今年は感染拡大への懸念から、渋谷区が来街自粛を呼び掛け。渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」はリアルなハロウィンイベントに代わる存在として、10月26~31日にバーチャルイベント「バーチャル渋谷 au5G ハロウィーンフェス」を開催する。

 バーチャルイベントを主催するのは、KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会を中心としたバーチャルハロウィーン実行委員会。KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会の3者は、次世代移動通信システム5Gを用いて渋谷の街を盛り上げる渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを立ち上げており、ハロウィンイベントもその一環だ。長谷部健渋谷区長も、「この規模のバーチャルイベントに渋谷が挑戦することで、ニューノーマル時代に向けた新たな観光やイベントのモデルケースを発信していきたい」とコメントしている。

 「バーチャル渋谷」内のハロウィンイベントでは、参加者は自身のアバターを仮装させることができ、「自宅で“3密”を避けながら渋谷らしいハロウィンを楽しむことができる」(広報担当者)。また、きゃりーぱみゅぱみゅ、アイドルグループのBiSH、お笑い芸人の和牛らがライブを実施し、ほかにも参加型ゲームやフォトスポットなども企画するという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら