ニュース

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」がオープン SEKAI NO OWARIのDJ LOVEらがアバターでイベントに参加

 KDDI、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会(以下、渋谷区観光協会)を中心とする企業50社で構成する「渋谷5Gエンターテインメントプロジェクト」は、先端テクノロジーを駆使してエンターテインメントの活動を止めることなく、自宅からさまざまなイベントへの参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を5月19日にオープンした。

 「バーチャル渋谷」は、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど、渋谷らしいコンテンツの発信と体験をコンセプトに、先端テクノロジーとエンターテインメントを組み合わせて、バーチャルイベント会場と渋谷の街を連係させた新しいコンテンツを提供していく。

 オープニングイベントとして、「バーチャル渋谷」内の渋谷スクランブル交差点で、「ネットフリックス(NETFLIX)」のオリジナルアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」を含む「攻殻機動隊」シリーズについて、SEKAI NO OWARIのDJ LOVEや、にじさんじ所属のバーチャルライバー、アンジュ・カトリーナのほか、渋谷未来デザインフューチャーデザイナーの若槻千夏や、S/U/P/E/R DOMMUNEの宇川直宏代表らがアバターとして登場して語り合う。ライブトークイベントは、公式イベントサイトで5月19日19時に開催する予定だ。

 また、11月に開催する渋谷区共催事業「ソーシャル イノベーション ウイーク 渋谷2020(SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020))における都市型イベント会場としても展開する予定だという。

 今後「渋谷5Gエンターテインメントプロジェクト」は、渋谷における経済や文化の流れを止めずに、エンターテインメントで新しい体験価値を創出し、文化創造都市である渋谷をサポートしていく。