ファッション

ハロウィンで荒れ狂う渋谷、本格コスプレの池袋 ストリートの装いはいかに!?

 日本の新定番イベントともいえるハロウィンの季節が今年も到来した。本来のハロウィンは10月31日だが、10月最後の週末の27、28日にはハロウィン関連のイベントが都内でも数多く開催された。

 中でも東京・渋谷、六本木、池袋は大きな盛り上がりを見せた。渋谷のストリートでは一部の人々によるマナー違反の行動が問題視されたが、純粋にハロウィンを楽しむ仮装集団がほとんど。街中が熱気に包まれる中、スナップ撮影を行った。シャンパンの「ヴーヴ・クリコ」が六本木のV2 TOKYOで行ったイベントと、サンシャインシティをスポンサーに迎えた「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」にも潜入。同フェスのオープニングセレモニーには、小池百合子・東京都知事がアニメ「銀河鉄道999」のメーテルに扮したコスプレ姿で登場した。

 今年は、定番人気のゾンビメイクやポリスの他、フューチャリスティックな衣装やアニメキャラの仮装も目立った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら