ファッション

誕生60周年の「ドクターマーチン」がオンラインフェス開催 アーティストライブに加え、バイきんぐ小峠、野性爆弾くっきー!も登場

 2020年に誕生60周年を迎えた「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」は、アニバーサリーを記念したオンラインフェスティバルを10月から開催している。音楽、アート、サブカルチャーを含めた“ドクターマーチンカルチャー”をテーマにしたフェスだ。

 10月8日のフリーライブ(デジタル配信)でスタート。“NEO かわいい”をキーワードにワールドワイドに活躍する4人組バンド 、CHAIとTENDOUJIのライブで、ブランドを語る上で欠かすことのできない音楽とのつながりを表現。

 13〜14日は、ブランドの過去・現在・未来を表すコンテンツを発表。13日にはRisa TaniguchiとMars89のDJセットを配信、14日にはバイきんぐ小峠と野性爆弾くっきー!のトークショーと音楽グループBlack Boboiのライブを配信する。

 11月6日からはアーティストのSnipe1ととんだ林蘭のアート作品、10代のグラフィティアーティスト、シャート&バハクによるワークショップ、Masato Nagata(REAKS)がディレクションしたデジタルアートをムービーで公開する。ライブやDJセットはユーチューブで、トークショーはインスタグラムで配信。11月6日公開の作品は特設ウエブサイトで、配信コンテンツのダイジェストと共に公開する。

 同ブランドは60周年を記念して親交のあるブランドなどとコラボするプロジェクト「THE 1460 REMASTERED(ザ 1460 リマスタード)」も発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。