ファッション

「ドクターマーチン」がパンクバンド、ザ・クラッシュとコラボ 英国製ブーツも発売

 「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」は10月6日、英国のパンクバンド、ザ・クラッシュ(THE CLASH)とコラボしたブーツを発売する。

 商品は“1460 8ホールブーツ”(2万8600円税込、以下同)と“1461 3ホールシューズ”(2万5300円)で、いずれもトップコート加工を施した“アルカディアレザー”を使用し、履くごとに表面のコートが落ち、下地が露出して経年変化が楽しめる。

 “1460 8ホールブーツ”はミリタリーグリーン、“1461 3ホールシューズ”はチェリーレッドを基調としており、これはアルバム「白い暴動」と「サンディニスタ!」に着想し、ザ・クラッシュのメンバーが自ら選んだものだという。また、かかと部分にはザ・クラッシュのロゴを刻み、ドッグタグも付属する。

 さらに英国製の“1460 8ホールブーツ”(4万6200円)と“1461 3ホールシューズ”(4万700円)も用意し、東京・表参道にある「ドクターマーチン」のコンセプトストア、ドクターマーチン ショールーム ティーワイオー(DR.MARTENS SHOWROOM TYO)と同ブランドの公式オンラインストア限定で販売する。

 また今回のコラボレーションを記念して、ザ・クラッシュとも親交の深い映画監督兼ミュージシャンのドン・レッツ(Don Letts)がプレーリスト「THE STORY OF THE CLASH IN 100 TRACKS」を作成。ザ・クラッシュの楽曲に加えて、彼らに影響を与えた音楽や彼らから影響を受けたアーティストの作品もミックスしたもので、音楽ストリーミングサービス、スポティファイ(SPOTIFY)の「ドクターマーチンチャンネル」で配信する。

 ザ・クラッシュは1976年に結成。約7年の活動期間中に、5枚のアルバムを発表した。それまでのロックンロールの常識を大きく変えた存在として知られる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。