ファッション

「ビームス ラジオ フェス」開催 奥田民生やスチャダラパー、角舘健悟らが未発表曲などを披露

 ビームス(BEAMS)の土井地博コミュニケーションディレクターがDJを務めるラジオ番組「ビームス トーキョー カルチャー ストーリー(BEAMS TOKYO CULTURE STORY)」が20日間にわたり、「ビームス ラジオ フェス(BEAMS RADIO FES.)」を行う。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、多くのフェスが開催を断念してきた。ビームスが協賛するフェスも全て延期・中止していることから、少しでも音楽シーンに貢献したいという思いで企画したという。

 期間は7月6〜31日で、毎日1組ずつ全20組のアーティストが、自宅やスタジオで収録した楽曲や未発表のライブのアーカイブなどを披露する。参加アーティストはCHAIとD.A.N.、Ovall、clammbonの原田郁子、EGO-WRAPPIN’の中納良恵、HIMI、長谷川白紙、君島大空、Yogee New Wavesの角舘健悟、ORIGINAL LOVEの田島貴男、kiki vivi lily、SIRUP、高橋あず美、Nulbarich、スチャダラパー、落日飛車 Sunset Rollercoaster、堀込泰行、GLIM SPANKY、カネコアヤノ、奥田民生。放送は、InterFM897(関東圏)で月~金曜日17時40〜17時55分、FM COCOLO(関西圏)で月~木曜日19時43〜19時58分と金曜日18時43〜18時58分。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら