ファッション

ビームスの音楽フェスに奥田民生やスカパラが出演

 ビームス(BEAMS)は、2月7日に札幌・東京・名古屋・大阪・福岡のコンサートホールZeppの5会場で同日開催する音楽フェスティバル「ビームス ミュージック フェスティバル 2022『BE FES!!』」の出演アーティストの一部を発表した。

 札幌には奥田民生・TAKUMA(10-FEET)・ReN、東京には東京スカパラダイスオーケストラとゲストの田島貴男(Original Love)、大阪にはchilldspot、Nulbarich、にしな、三阪咲、福岡にはOKAMOTO'S、Saucy Dog、w.o.d.が出演する。ほかの出演アーティストはビームス公式サイトで順次発表する。

 また、会場や近隣のビームス店舗ではイベント共通デザインのTシャツと、各都市にゆかりのあるアーティストとコラボレーションした限定Tシャツを販売する。共通デザインのTシャツはジュン・オソン(JUN OSON)、札幌はリー・イズミダ(Lee Izumida)、東京はタイチ ワタナベ(Taichi Watanabe)、名古屋はゼックス(ZECS)、大阪は松原光、福岡はトーヤメグ(Toyameg)がデザインを担当した。カラーは東京がブラックで、それ以外はホワイト、価格は各税込4950円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら