ファッション

「ユニクロ ユー」22年春夏は1月28日発売 自転車通勤のルメールが考える快適なデザイン

 ユニクロは1月28日、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)が率いるパリのR&Dチームによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」の2022年春夏コレクションを発売する。ウィメンズ30型、メンズ23型、雑貨2型、キッズ9型で、フルラインアップは全国233店と公式ECで販売。一部は国内全店舗で扱う。一部商品は既に販売中だ。

 「ユニクロ ユー」らしい日に焼けてあせたようなイエローやオリーブ、夕暮れの空からイメージしたというサンドベージュと共に、今季は淡いパープルを差しているのがポイント。毎年人気のTシャツやワンピースなどで、“エアリズム コットン”素材も使用し、機能性とデザイン性を両立した“LifeWear”を発信する。

 価格はアウター4990〜1万2900円(税込)、ニット2990〜3990円、シャツ2990〜3990円、カットソー1000〜3990円、ボトムス2990〜4990円。

 公式ECの特設サイトの中で、ルメールは「服は数多くは必要ないということにみんなが気づき始めており、生活にそれほど多くのものは必要ないのかもしれない。ちょうどいい理想の服がいくつかあればそれでいい。私たちが目指すのはそんな服」「(コロナ禍もあって)パリでは自転車が増え、私自身も仕事場まで自転車で通っている。(移動手段の変化を受けて、ものがしっかり入る)実用的なバッグや丈の長すぎないコートなどのデザインに取り組む中で、サイドにスリットを入れたり、フードを付けたり、工夫を凝らしている」などと語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら