ファッション

「ユニクロ ユー」22年春夏は1月28日発売 自転車通勤のルメールが考える快適なデザイン

 ユニクロは1月28日、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)が率いるパリのR&Dチームによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」の2022年春夏コレクションを発売する。ウィメンズ30型、メンズ23型、雑貨2型、キッズ9型で、フルラインアップは全国233店と公式ECで販売。一部は国内全店舗で扱う。一部商品は既に販売中だ。

 「ユニクロ ユー」らしい日に焼けてあせたようなイエローやオリーブ、夕暮れの空からイメージしたというサンドベージュと共に、今季は淡いパープルを差しているのがポイント。毎年人気のTシャツやワンピースなどで、“エアリズム コットン”素材も使用し、機能性とデザイン性を両立した“LifeWear”を発信する。

 価格はアウター4990〜1万2900円(税込)、ニット2990〜3990円、シャツ2990〜3990円、カットソー1000〜3990円、ボトムス2990〜4990円。

 公式ECの特設サイトの中で、ルメールは「服は数多くは必要ないということにみんなが気づき始めており、生活にそれほど多くのものは必要ないのかもしれない。ちょうどいい理想の服がいくつかあればそれでいい。私たちが目指すのはそんな服」「(コロナ禍もあって)パリでは自転車が増え、私自身も仕事場まで自転車で通っている。(移動手段の変化を受けて、ものがしっかり入る)実用的なバッグや丈の長すぎないコートなどのデザインに取り組む中で、サイドにスリットを入れたり、フードを付けたり、工夫を凝らしている」などと語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。