ファッション

「ビームス」とジャズクラブ「ブルーノート東京」コラボ第2弾でハワイアンシャツを発売

 ビームスはニューヨークに本店に持つジャズクラブ「ブルーノート東京(BLUE NOTE TOKYO)」とのコラボーレション第2弾として、ハワイアンシャツ(各1万4500円)を「ブルーノート東京」およびビームス ジャパンなどで6月24日から販売中だ。

 ホワイトとネイビーの2色展開で、イラストレーターの西田真魚が描いた「ブルーノート東京」の店舗やジャズマン、ライブに沸くオーディエンスなどのモチーフがプリントされたハワイアンシャツはボタンにココナツや貝が使われ、“大人の遊び心”が詰まった夏仕様のデザインになっている。

 コラボ第1弾のトランペット奏者のクリスチャン・スコット(Christian Scott)に続き、第2弾には新世代ジャズの注目株であるジョー・サンダース(Joe Sanders)、そして1960年代から第一線で活動するロイ・エアーズ(Roy Ayers)がキービジュアルに登場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら