ファッション

ビームスとパリの人気カフェ「ペーパーボーイ」のコラボ第3弾 「F.C.R.B」も参加

 ビームスはパリ11区の人気カフェ兼ケータリング「ペーパーボーイ(PAPERBOY)」との第3弾コラボを、今年1月にパリのレピュブリック広場近くにオープンしたセレクトショップ「ザ・ネクスト・ドア(THE NEXT DOOR)」で、6月17日に発売した。

 “食とファッションをつなぐ”をコンセプトに、「ペーパーボーイ」の看板メニューであるサンドイッチを背面にプリントしたTシャツやタイダイ柄のTシャツ、ソックス、バケットハットなどをラインアップ。さらに今回は、「エフシー レアル ブリストル(F.C.Real Bristol以下、F.C.R.B)」や「スイコック(SUICOKE)」も参加した。「F.C.R.B」は「ペーパーボーイ」のロゴがそれぞれ配されたゲームシャツとショーツ、キャップ、ラバーダックを用意。「スイコック」は定番モデルの“KAW-VS”をベースにしたサンダルで、「ペーパーボーイ」のキャラクターを自分好みにカスタムできる仕様。

 「ペーパーボーイ」はオーナーのジェームス・ドリディ(James Dridi)が2014年にオープンしたケータリングがメインのカフェで、色彩豊かなオーガニック食材を使用したサンドイッチが有名。「ナイキ(NIKE)」や「バンズ(VANS)」、競売会社のアールキュリアル(ARTCURIAL)が主催した「シュプリーム(SUPREME)」のオークションパーティーなどでケータリングを担当するなど、ファッションシーンとも相性がいい。

 なお、パリ・メンズ・コレクション期間中の現地20日18時から「ザ・ネクスト・ドア」でレセプションパーティーを開催する。

 同コレクションの日本での発売は未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら