ニュース

スタバとビームスのコラボ第2弾 “TRAVEL”をテーマに“日本のモノづくり”が集結

 スターバックス コーヒー ジャパン(STARBUCKS COFFEE JAPAN)は、ビームス創造研究所とコラボしたアイテムを4月25日に東京・中目黒「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」で限定発売する。

 今年2月に続くコラボ第2弾で、今回は“TRAVEL”をテーマにディレクション。日本各地から、巧みな技術が詰まったこだわりのあるアイテムがそろう。全てのアイテムに「スターバックス リザーブ」の“R”のロゴを付した。

 東日本大震災で被災した女性たちを支援するために2011年にスタートした南三陸ミシン工房からは、同じく被災地の宮城県石巻市のものづくりブランド「ヒユカ(HIYUCA)」がデザインしたサコッシュ(4000円)が登場。南貴之が手掛けるファッションブランド「グラフペーパー(GRAPHPAPER)」は、吊り編み機で丸胴編みしたTシャツ(1万1000円)を用意する。

 そのほか、アクリルを使ったアクセサリーブランド「サン(SAN)」のキーホルダー(3000円)やトラベルギアブランド「トゥーアンドフロー(TO & FRO)」のトラベルポーチやトラベル歯ブラシ、素材から製造工程まで全てを福井県鯖江市の工房で行ったアイウエアブランド「ベリーナード(VERYNERD)」のサングラス(2万3000円)、自転車バッグ専門ブランド「フレドリックパッカーズ(FREDRIK PACKERS)」のバックパック(1万5000円)など、“日本のモノづくり”を感じるアイテムをラインアップする。