ファッション

「世界でぶっちぎりNO.1のショップを原宿に作る」 by 重松理

重松理ユナイテッドアローズ名誉会長

 世界でぶっちぎりNO.1のショップを原宿に作る。(Vol.399 1989年10月2日)当時ビームスでトレンド仕掛け人の中心人物であった重松理が1989年9月20日付けで同社を退社。ワールドと組んで本拠地を原宿に置いた新ビジネスをスタートした。「衣・食・住・遊・知」の逸品を集結させた、現ユナイテッドアローズである。

The WORDS】ファッション業界人の残した名言を日々の糧に。デザイナーやバイヤー、社長、編集長らの心に響く言葉をお届け。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら