ビジネス

AIのコーデサービスが急成長で年商約800億円 高額品もスタート

 シリコンバレー発のオンラインパーソナルスタイリストサービス、「スティッチ フィックス(STITCH FIX)」が、「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」「レベッカミンコフ(REBECCA MINKOFF)」「アリス アンド オリビア(ALICE & OLIVIA)」「トッド スナイダー(TODD SNYDER)」「ペイジ(PAIGE)」など100以上のブランドをサービスに追加した。これまでは1着平均55ドル(約6000円)だったが、100ドル(約1万900円)からのニットや、600ドル(6万5400円)のレザージャケットなども用意。よりハイエンドな市場を開拓する。

 「スティッチ フィックス」は2011年にカトリーナ・レイク(Katrina Lake)が創業し、16年にメンズ向けのサービスを、17年にはプラスサイズ向けサービスも開始。6年間で年商7億3000万ドル(約795億7000万円)に成長した。AIがユーザーの好みに合わせて選んだアイテムから、3500人のパーソナルスタイリストが人の手を加えて、届ける5着を選出する。スタイリング料として1回20ドル(約2180円)かかるが、気に入れば全アイテムを25%オフで購入でき、気に入らなければ無料で返送できる仕組みだ。ブランド追加にあたり、1000人のスタイリストに研修を行い、新たに加えられたより高額なブランドをどうコーディネートに取り入れ、活用するかなどの知識を深めたという。

 リサ・ブジー(Lisa Bougie)=ウィメンズ部門ジェネラルマネジャーは、「ユーザーからの強い要望に応えた。中には追加してほしいと指名されたブランドもある。パーソナライゼーションビジネスで勝負している私たちにとって、ユーザーのニーズをきちんと満たすことは必須だ」と語る。

 「スティッチ フィックス」はサービスの特性上セールを行わず、店舗も持たないため、サービスに加わるブランドとしてもシンプルな取引形態やセールを行わずにすむなどのメリットがあるようだ。ペイジ・アダムス・ゲラー(Paige Adams-Geller)=ペイジ創業者兼クリエイティブ・ディレクターは、「これまで多大な時間とエネルギーを費やしていた交渉作業がなくなり、本当にほっとしている。これまで私たちはファッションECには一切商品を売ってこなかった。ブランド価値を下げたくなかったから。でも、『スティッチ フィックス』は私と同じマインドを持っていると感じている。特に、彼らのユーザー分析、アルゴリズムに対する知識の深さは、非常に魅力的だった」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。