ファッション

レンタル商品をユーザー同士が自由に貸し借り、第3世代のシェアリングサービスが誕生

 オムニスの運営するファッションレンタルサービス「サスティナ(SUSTINA)」が、レンタルした洋服をユーザー間でも貸し借りできるシェアリングネットワークとして刷新する。これまでユーザーは「サスティナ」から借りた洋服を人に貸し出すことはできなかったが、今後は会員同士でレンタルした洋服の交換を自由にできる。会員であればレンタル商品の貸し借りには費用がかからない。まずは家族での着まわしといった身近なシェアを想定して、7月31日に東京と福岡で試験的にサービスを開始する。今年秋頃には本格ローンチを目指す。

 「サスティナ」は月額3900円(もしくは7900円)で15点(30点)の洋服を自由にレンタルできるサービス。“毎月借り放題”をうたう既存レンタルサービスとは異なり、自由に交換ができるのは毎月1着だけ。一気にたくさんの洋服を借りて着回す“クラウド上のクローゼット”のようなサービスだ。取り扱う商材は全て中古買取業者から仕入れたユーズドのみで、国内のセレクト・アパレルブランドを中心に15万点を扱う。現在のダウンロード数は 6万、会員数は1万人。1年後には商品数75万点、ダウンロード数30万、会員数5万人を目指す。

 上田徹オムニス最高経営責任者(CEO)はアパレル販売員やIT企業のディレクターを経て、当時住んでいたシェアハウスの仲間とともに2014年にオムニスを設立した。新しいビジネスモデルについて上田CEOは、「会員同士がネットワークを構築することで、会員の離脱を防ぐことが目的。ユーザー間の貸し借りで儲けを出そうとは思っていないので、無料でサービスを提供している」と話す。毎月1着の無料変更ではユーザーが借りている商品が実質ほとんど動かず、飽きやすい。そのため、ユーザー同士の貸し借りを認めることで実質月1着の交換制度を無限に広げる狙いがあるとみられる。

 「シェアリングエコノミーは『メルカリ(MERCARI)』のようなCtoCビジネスに始まり、『エアークローゼット(AIRCLOSET)』のようなBtoCレンタルプラットフォームへと進化してきた。次の第3世代はレンタルした商品をユーザー同士で貸し借りするBtoCtoCの共有プラットフォームが主流になるはずだ」と上田CEO。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。