ファッション

「ホットペッパービューティー」予約件数が大幅に増加

 リクルート ホールディングスが2017年4~6月期の決算を発表し、「ホットペッパービューティー(HOTPEPPER BEAUTY)」などを運営する美容分野の売上高は、前年同期比9.7%増の150億円と好調に推移。同期間中の「ホットペッパービューティー」の予約件数(※キャンセル前予約受付ベース)も、前年同期より約440万件多い1824万件と大幅増だった。同分野の好調要因としては、独自のサロン向け予約・管理システム「サロンボード」の利便性を高めたことで、それと連動して「ホットペッパービューティー」を利用するサロンが地方でも増えたことが挙げられる。ちなみに17年8月のデータによると、参加サロンは、ヘアサロンが3万3758軒、リラク・ビューティサロンが3万1833軒となっている。

 また、「ホットペッパービューティー」は今年から全国の売り上げの多い美容室を「ホットペッパービューティーアワード」で表彰するなど、地方の美容室にもスポットライトが当たる取り組みを行っている。そうした予約サイトの枠を越えた活動も、今回の売り上げアップにつながっているはずだ。

 リクルート全体では、売上高は同19.6%増の5243億円、営業利益は同12.6%増の563億円。美容分野を含むメディアソリューション事業販促領域は、同1.2%増の917億円で、住宅や旅行、飲食の分野の売上高がマイナスだっただけに、美容分野が大きく貢献したといえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら