ファッション

「ホットペッパービューティー」予約件数が大幅に増加

 リクルート ホールディングスが2017年4~6月期の決算を発表し、「ホットペッパービューティー(HOTPEPPER BEAUTY)」などを運営する美容分野の売上高は、前年同期比9.7%増の150億円と好調に推移。同期間中の「ホットペッパービューティー」の予約件数(※キャンセル前予約受付ベース)も、前年同期より約440万件多い1824万件と大幅増だった。同分野の好調要因としては、独自のサロン向け予約・管理システム「サロンボード」の利便性を高めたことで、それと連動して「ホットペッパービューティー」を利用するサロンが地方でも増えたことが挙げられる。ちなみに17年8月のデータによると、参加サロンは、ヘアサロンが3万3758軒、リラク・ビューティサロンが3万1833軒となっている。

 また、「ホットペッパービューティー」は今年から全国の売り上げの多い美容室を「ホットペッパービューティーアワード」で表彰するなど、地方の美容室にもスポットライトが当たる取り組みを行っている。そうした予約サイトの枠を越えた活動も、今回の売り上げアップにつながっているはずだ。

 リクルート全体では、売上高は同19.6%増の5243億円、営業利益は同12.6%増の563億円。美容分野を含むメディアソリューション事業販促領域は、同1.2%増の917億円で、住宅や旅行、飲食の分野の売上高がマイナスだっただけに、美容分野が大きく貢献したといえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。