ビジネス

「ドーバー」がロスに新店舗をオープン

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のデザイナー川久保玲がディレクションするセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)がロサンゼルスのダウンタウンアート地区に新店舗をオープンする。2018年3月の予定で、店舗面積は約930平方メートルのワンフロア。巨大な駐車場も併設する。

 エイドリアン・ジョフィ(Adrian Joffe)=コム デ ギャルソン インターナショナル(COMME DES GARCONS INTERNATIONAL)最高経営責任者(CEO)兼ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)CEOは「新店舗をオープンするのにタイミングも場所もちょうど良かった。ただそれだけだ」と話す。新店舗は川久保によってデザインされ、ストリートウエアとラグジュアリーブランドを自由にミックスするという前提を維持しつつも、「新しいドーバー ストリートのコンセプト」を導入する。

 ドーバー ストリート マーケットは04年にロンドンにオープン。東京、ニューヨークにも店舗を構え、7月末に4店舗目をシンガポールにオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら